Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんばんわ、本日もご来店ありがとうございます。
間がどれだけ開こうとも、何事もなかったように開店する当百貨店へようこそ!


金環食、終わってしまいましたね。
皆さんは見ることができましたか?当日はあいにくな天候のところが多かったようで、
無念の涙を流した方もいらっしゃるかと思います。

そんな中、なんと当店専属のへっぽこカメラマンが無謀果敢にも写真撮影に一応成功していたそうです!
というわけで本日は、題して「緊急企画!私、きれいなリングが欲しいのっ!」展を開催いたします。

尚、最初にお断りしておきますが、ガチでキチンとした写真や画像をご覧になりたい方は、
当店以外のブログなどを当たっていただいたほうがよろしいと思います。
・・・当店の展示物は「取り合えず撮れてる」というレベルですのであらかじめご了承ください。


では、どうぞ!



完全な曇り空で、諦めかけたその時に雲の隙間から見えたのはこんな太陽でした。
kinkan1.jpg

私は今回、生まれて初めて日食というものを見たのですが、
感動というよりは、「おお、これが・・・」と思うばかりで、
他の言葉もなく、食い入るように見続けてしまいました。



徐々に欠けた部分が大きくなっていきます。
kinkan2.jpg

私はかねてより一度は皆既日食(もしくはそれに近い日食)を見てみたいと思っていたりしたのですが、
全く気の利いた言葉も、感情もなく、ただただ目に焼き付けるべく、一生懸命に見続けた。そんな感じでした。
本当の瞬間というものは、案外そんなものなのかもしれませんね。



もう少し・・・もう少しでリング状に・・・!
kinkan3.jpg
ちなみにバックが真っ暗なのはカメラの絞りを全開で絞っているためで、実際はもっと明るいです。
日食といえども、夜みたいに真っ暗になるわけではないんだなぁ・・・
と思って少し拍子抜けしてしまっていたのは秘密です。

太陽部分のアップです。
kinkan3_up.jpg
こうしてみると、なんだか三日月みたいですね。


そして、いよいよリングの完成・・・・・!




























と、思いきや、やにわに雲が厚くなりました。
これはさすがに厳しいか・・・と思いつつも、
太陽の位置もよくわからないまま、まさしく闇雲にシャッターを切ります。
kinkan4.jpg
そして出来上がったものがこちらになります。

どうにか、かろうじてリングになっているのがお分かりいただけますでしょうか?
肉眼でもギリギリ「わっかになってる!・・・・・・・・・気がする!」
といったレベルの観測状態だったので、こんな写真とはいえ、一応写っていたのは僥倖でした。


そして太陽は再び雲に隠れ・・・
kinkan5.jpg
次に見えたときはすでにリングはなく、徐々に欠けが小さくなっていき、
やがてこの天文ショーも終わりを遂げたのでした。


いかがでしたでしょうか?写真は拙いものですが、恐らく東京、神奈川近辺で観測した方が見たものは、
概ねこんな感じだったのではないでしょうか?
そういった意味では、ある意味リアルな追体験をしていただけたのではないかと思います。


次に日本で金環食が見られるのは2030年の北海道だそうです。
また2035年には、本州の一部で皆既日食が見られるとのことですよ。
ちょっと先は長いけれど、過ぎてしまえばきっとあっという間です、
今回見れた方も、見れなかった方も、是非チャレンジしてみましょう!



では、本日はこれにて閉て・・・・






・・・え?タイトルの時間旅行ってなんだよ?ですって?
あ、申し訳ありません、BGMをかけ忘れてしまいました。

では改めましてBGMスタート!


お約束のボーカロイド版もご用意いたしましたので、お好きなほうをご利用ください。



今回の金環食報道において、マスコミで取り上げられるかと思っていたのですが、
なぜか全くこの曲が話題に上らず、少々拍子抜けでした。

因みにこの曲は今から20年ほど前、ドリカムが上梓した3rdアルバム「WONDER3」のラストナンバーです。
聴いていただくとわかるのですが、歌詞の中に「2012年の金環食」を指輪に見立てた1節があります。
私は結構この曲が好きで、発表当時繰り返し聞いていました、
その頃は2012年なんて遥かかなたの未来と漠然と思っていたのですが・・・

しかしそれがまさか今年だったとは・・・、それに気づいた時は本当に驚きました。

早速改めて聞いてみると、あのころの毎日や気持ちが思い出されて、懐かしいような、切ないような・・・
・・・まさしくこれは時間旅行と言っていいでしょう。


皆さんも是非あの頃に思いをはせてみてください。
今回がこの曲の初見だという方、2030年の金環食とその頃の自分を想像して見てください。
きっとそれが、誰もが行える時間旅行なのだと思います。




と言ったところで本日は閉店とさせていただきます。
本日のご来店、まことにありがとうございました。
またのご来店を心よりお待ちいたしております。

kinkan6_up.jpg



スポンサーサイト

Tag:金環食 ドリカム 時間旅行

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。