Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やろうやろうと思いつつ、結局やらずに幾星霜。
決して閉店したつもりではない当店へようこそ!

えー、色々言い訳をしたいような気もしますが、
そんなものを一人ごちても仕様がない、というわけで何事も無かったかの様に更新と行きましょう!


さて、月日が経つのは早いもので、2014年ももう終わりですね。
大した事のない日々に押し流されるように、漫然とすごしてきてしまったような気もしますが、
改めてふと振り返ってみると、それなりに色々あったみたいです(他人事)。

お休みの方も、まだ今も仕事で忙しい方もいらっしゃるとは思いますが、
会社帰りのときや、一服しているときのちょっとしたとき等に、少し一年を振り返ってみては如何でしょうか?
改めて1月から振り返ると、以外にいろんなことが起きていたな、なんて発見できるかもしれません。
・・・それが楽しい記憶とは限らないのが難ですが(汗)

でも嫌な記憶も経験も、それが致命的なものでないのなら、後から必ずそれを懐かしく思い返せたりもしますから、
必ずしも悪いことばかりでもないのかな?なんて思います。

かく言う私の場合は・・・
・・・なんて身の上話は、読む人(居ると仮定・・・)にとっては面白くもなんともないのでガンスルーで!


と言うわけで(?)例年恒例の東京タワーに行って来ました!
2014tokyo-tower.jpg

ただ、展望台にその年の西暦が映し出されるだけなんですけれど、
なんか見に行っちゃうんですよね。
最近ではこれを見ると、今年も終わりなんだなぁ、なんて感じてしまいます。
皆さんも、自分ならではの「年末の風物詩」があるのではないでしょうか?
たまには、そんなことを考えながら過ごすのも良いかもしれませんよ?


さて、と言ったところで本日は閉店とさせていただきます。

本年も当店をご愛顧いただき、まことにありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!

スポンサーサイト

Tag:東京タワー 夜景

皆さんこんばんわ、本日2度目のご来店ありがとうございます。
さて先ほどに続き、今度はラジオ会館のその後、文字通りの閉館直前の姿をお送りしたいと思います。

2本あわせてお楽しみいただければ幸いです。

と、言うわけで、今回のBGMはとっても夏らしいこの曲ーっ!

もうすぐ、というよりもう夏は始まってるような気がしないでも有りませんが、いいものはいい!
というわけで夏の歌にあわせてお送りいたします!

CA3I0501.jpg
前回の来訪から幾日も経っておりませんが、日に日に店舗の引越しが進んでいます。
この写真では1階のコトブキヤが閉店しているのがお分かりいただけるかと思います。
CA3I0486.jpg
建築予定表?です。
これを見るとなんと着工は1年後となっています、そして完成予定はまだ出ていません。
どうやら思ったよりも長いお別れになるかもしれませんね。
しかし気になるのは外観図です、これを見ると旧会館の2階部分にあった、
「世界のラジオ会館」のネオンサインの場所がなさそうです。

どうやら秋葉原ぽくない(といったら怒られそうですが)オサレ系のビルになりそうな予感です。
そこで働く人にとっては良いことなのに間違いはないのですが、ちょっと寂しく感じてしまうのは許して欲しいところです!

CA3I0487.jpg
さて1階、メインのエスカレーターはごらんの有様です。エスカレータの脇にあった電気屋さんもすでに閉店しており、いよいよラストが近いことを否応なしに実感させてくれます。

CA3I0488.jpg
光らない館内案内を見るとご覧のとおり。
中の店舗のほぼすべてが撤収済みという状態です。


さて、入り口のエスカレーターはあんな感じでしたが・・・





階段は使ってOKだった(っぽい感じだった)ので、内部に潜入してみました。
CA3I0493.jpg

CA3I0494.jpg

当たり前ですが、中はシャッターが閉まりまくだわ、電気はあちこち消えているわで寂しいことこの上もありません。


CA3I0491.jpg
さよならウォール会場もすでに閉鎖されていました。
でも、みんなの思い全ては新しいビルへとしっかり移される予定とのことなので安心ですね!


このまま少し館内を歩いてみることにします。
CA3I0492.jpg

CA3I0489.jpg

と言っても歩けるところはかなり限定されてしまっていましたが・・・
CA3I0490.jpg
平常営業中には、とにかく狭いビルだと思っていたのですが、こうして店舗も人もいなくなってみると、思ったよりも広く感じます。
そして今になって気がつきましたが、このシャッターの形や、店舗の配置など意外に凝っている気がします。
ひょっとしたら建った当時は結構おしゃれなビルだったのかも知れませんね。
そう考えると新しいラジオ会館が、今風なおしゃれなビルになるのにも抵抗感がなくなりそうです。


そして・・・
CA3I0496.jpg

前回に引き続いて7階まで来てみました。
CA3I0497.jpg
往時を知っていると、このような姿にはやはり物悲しさを感じてしまいますね。


CA3I0498.jpg
光る館内案内もこのような状態でした。
もう必要もなさそうな状況なのに、いまだ煌々と点灯しているあたり、なんだかラジオ会館が自らの意思で、
「まだだ!まだ終わらんよ!」なんて言いながら点灯させているようにも思えます。

さて、このようにラジオ会館の中の店舗は軒並み撤収し、寂しさが残るばかり・・・・



・・・え?
ラジオ会館の中に入っていたショップは一体全体どうなったのよ?
ですって?


失礼いたしました!うっかりそちらを紹介するのを忘れるところでした!
では、早速各ショップの行方をご紹介します!(と言っても一部だけですが)




まずK-BOOKSは・・・
CA3I0503.jpg
先ほども少し触れたとおり、旧ラオックスコンピューター館、通称ザコンへと移動しました。
しかし、すさまじく怪しい雰囲・・・ゲフンゲフン

次にコトブキヤは・・・
CA3I0484.jpg
メイドのがいたのは恐らく全国でもここだけだったろうと思われる、ショップの展開自体がまず疑問であったジーンズメイト秋葉原店跡地に入りました。
今になって思えば、一度くらいメイドさんからデニムのひとつも買っておくべきだったかと軽く後悔。
おそらくメイドさんにすそ上げしてもらうチャンスなんてもう2度とないでしょうねぇ・・・うーむ残念です!?


さて、代表的なのはこの二つですか。


え、他はどうしたのか?ですって?



それは・・・
CA3I0485.jpg
旧ラジオ会館のほぼお隣、以前石丸電気(違ったかも)の入っていたビルへと移転しております!

ちなみに中は・・・
CA3I0500.jpg

CA3I0499.jpg
こんな感じです。

日当たりがめちゃめちゃよくて、すごく明るい雰囲気でしたが、いかんせん手狭な感じがぬぐえませんでした。
またエレベーターがないので(発見できなかっただけかもですが)、延々と階段を上らなくてはいけなかったりもするのですが、これはこれでアリかな?と思います。
まぁ何と言っても、元気いっぱい「世界のラジオ会館」が営業している事が素直にうれしいものです!
新しいラジオ会館が出来るまでの間ですが、これまでと変わらず秋葉原の顔としてがんばって欲しいですね!

そうそう、これまた忘れてましたが、この新ラジオ会館(仮)には・・・
CA3I0505.jpg
秋葉原ダイビルの隣、元2輪車の駐車場に分館が存在しております。
屋根の上にちょこんとついている小さい「世界のラジオ会館」の看板がなんだかかわいいですね。
なお、ここにはボークスと海洋堂が入っていたような・・・・・・・ちょっと記憶があやふやです、申し訳ありません。


・・・これにてラジオ会館特集は終了です。
今回、くどいほどにラジオ会館ラジオ会館と言っていますが、事はラジオ会館だけにとどまらず、秋葉原の歴史の1ページを、今まさに目撃しているのだとも言えるでしょう。
ラジオ会館はもとより、秋葉原全体として、この先どのような歴史を紡いでゆくのか・・・?
それを目撃するのはあなたや私のような秋葉原を愛する全ての人々なのだと思います。

・・・などと小難しいっぽいことのたまってしまいましたが、ともあれ!どちら様も新しいラジオ会館の活躍にご期待ください!
と言ったところで、本日は閉店とさせていただきます。


さて次回の散歩は、1年半ほど暖めてしまっていました下町ツアーにレッツごう!
期待し過ぎない程度にご期待ください!


本日はご来店まことにありがとうございました。
皆様のまたのご来店を心よりお待ちいたしております。

Tag:ラジオ会館 秋葉原

皆さんこんばんわ、本日もご来店いただきありがとうございます。
さて、突然ですが・・・・・



貴様ら!秋葉原は好きかーっ!

「「「サー・イエッサー!」」」

よし!秋葉原の何が好きか言ってみろ!

「「「とても一言では言い表せません!」」」

よし、いい返事だ! ではそこの貴様! 秋葉原の象徴とは何か?言ってみろ!

「ラオックス Theコンピューター館、通称ザコンであります!」

なかなかいいぞ!だがザコンは閉館して久しい! 腕立て50!」

「サー・イエッサー!」

次は貴様だ! 言ってみろ!

「万世橋の交通博物館であります!」

貴様は秋葉原ではなく大宮に行って来い! 腕立て50!」

「サーイエッサー!」

では質問を変える!秋葉原と聞いて何を思い浮かべるか!貴様、言ってみろ!

「メ 

腕立て300!

「サ、サー・イエッサー!」

どいつもなっとらん!これが最後のチャンスだ、そこの貴様!さぁ言ってみろ!

「サー・イエッサー! 世界のラジオ会館であります!」

よく言った!秋葉原といえばラジオ会館ラジオ会館といえば秋葉原だ!
よし、では貴様!ラジオ会館が2011年7月に建替えのために閉館することを知っているか?

「サー・イエッサー! 自分は知らないであります!」

その事に対する感想を言え!

「サー・イエッサー! 自分は別れが惜しいであります!」

よし、よく言った! ではこれより貴様に緊急任務を与える!
今すぐ空軍からF-22を人数分拝領して来い!全員でラジオ会館に別れを告げに行くぞ!

「サー・イエッサー!しかしなんと言って借りてくればよいでしょうか!」

理由だと?そんなもの『日本のF-X選定委員会にFF-22のアッピールをしてくる』とでも言っておけ!
さぁ、もたもたしているとサ●ボでお別れ牛丼パーティをする時間がなくなるぞ!急げ!

「「「サー・イエッサー!」」」



・・・という訳で、上の小芝居で軍曹?が言っているように、秋葉原駅前にある「世界のラジオ会館」が2011年、すなわち今年の7月を持って閉館いたしました。
長く秋葉原の象徴のひとつとして皆に愛されていたのですが、建物の老朽化のためとあっては仕方がありません。
そこで今回は復活までのしばしのお別れと言うことで、ラジオ会館最後の姿をお届けいたします。

なじみのある方には最後の姿を目に焼き付けていただき、逆になじみのない方には建替えが終わったときの、過去の姿との比較検討の材料としてお楽しみいただければと思います。

さて、例によって写真が多めなのですが、今回は文章は少なめでお送りいたします。
また写真はフロア順になっていませんのであらかじめご了承ください。


さて、当店の「思い出企画展」にはBGMが欠かせません。
という訳で今回は昨今話題であります秋葉原を舞台にしたメディアミックス作品、「シュタインズゲート」のゲーム版の主題歌をご用意しましたのであわせてお楽しみください。

ちなみにこれを歌っているのは男性です(原曲は女性です)が、非常に上手いので違和感なく聞けると思います。

それでは行ってらっしゃいませ!



R0015732.jpg


R0015739.jpg
入り口のこのせまっくるしいエスカレーターが、非日常への入り口ぽくて好きでした。


R0015742.jpg
新刊・古本・グッズ類を手広く扱っているK-BOOKSです。
昔はよくここでポスターを買いあさったりしたものです。
ちなみにK-BOOKSはこのほど旧ザコンに移転したようです。


R0015743.jpg


R0015744.jpg
4階です。チョコエッグや映画ローレライの潜水艦のモデリングなどで有名な海洋堂です。
大きい初号機と等身大?の綾波レイが来場者を出迎えてくれていました。

R0015745-2.jpg

海洋堂から奥に入ると、実にさまざまな物が販売されています。ここにはよく食玩を探しにきたりしました。

R0015747.jpg
そんな中にはこんな誰得なものも販売されていて、カオスな雰囲気をいっそう盛り上げてくれたものです。


R0015748.jpg
もちろんカオスな物や萌えグッズだけではなく、本格オーディオグッズなどの硬派なものも売られていました。


R0015754.jpg
R0015752.jpg

これは7階です。冒頭に紹介したシュタインズゲートを遊んだ方には印象深い場所ですね。
もちろん私もそうですが!

R0015756.jpg
残念ながら8階のイベント会場へは入れなくなってしまっていました。
一度も立ち入ることがなかったのが、今となっては残念でなりません。


R0015751.jpg
ラジオ会館といえば、このなんだか良くわからない階段が個人的には印象深いです。
まっすぐ上ったり、ジグザグに上ったり、なんだか面白い好きな階段でした!


R0015760.jpg

R0015761.jpg

同じく7階、フィギュアなどで有名なボークスがありました。
以前あるものを探していたとき、意味もわからないままここの行列に並んだことがありましたが、
今となっては良い思いでです。


R0015750.jpg
閉館時間が近づくとアングラな雰囲気が濃くなるところでした。


R0015759.jpg
先ほどの階段の反対方向にある階段です。
こちらはすでに内張りの一部もはがされてしまっていました。

R0015810.jpg
この階段をずっと下りていくと、館内案内があります。
この案内、なんだか妙に秋葉原ぽい感じがするのは私だけでしょうか?

R0015765.jpg
ちなみに光らないタイプもあります。


R0015806.jpg

トイレです。
とてもそうは見えない重厚?な雰囲気に、思わず入るのをためらってしまいますね!


R0015766.jpg
さて、どうやらお別れにあたっての特別企画を行っているようです。
ではBGMをこちらに切り替えて・・・

早速行ってみましょう!


R0015767.jpg

R0015803.jpg


会場はいわゆる寄せ書きコーナーとなっていました。そして今日このときも、別れを惜しむ人々が思い思いにペンを走らせていました。
R0015795.jpg

R0015798.jpg

R0015799.jpg
実に多くの寄せ書きがされていました! 中には香港の方のコメントまであって驚きです!
まさに世界のラジオ会館!ここがどれだけ多くの人々に愛されていたかが良くわかりますね!

この会場には他に、ラジオ会館創業時の頃の写真や、プロの方が撮った、往時の館内写真なども展示されていました、
それらも撮影してきたのですが、今回は紙面の都合で割愛します。
こちらはご要望がありましたら、また別途アップしたいと思います。


さて、再び1階に出てきました。
R0015815.jpg

R0015828.jpg

R0015824-2.jpg
今度ビルが新しくなったら、このあたりの雰囲気も様変わりするんでしょうね。
それがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんけれど、
出来ることならこのラジオ会館ならではの雰囲気が残ればいいな、と思います。

R0015822.jpg

R0015816.jpg
最後は案外目立たないビル名のプレートです。
このプレート、新しいビルにそのまま持っていったりするんでしょうか・・・?
もし、そうなるなら、ちょっと嬉しいですね!


R0015847.jpg
さて、ふと気がつけばすっかり暗くなってしまいました。
最後の最後に夜のラジオ会館を眺めてお別れしましょう。
ただ、残念なことに節電営業のためかネオンサインは消灯してしまっていまいした。
こうなると分かっていたら、ネオンサインがついている頃に写真の一枚も撮っておくべきでした。実に残念です!


さて、いかがでしたでしょうか?
手ぶれの写真ばかりで申し訳ないくらいですが、
すこしでも往時の雰囲気を感じていただければ幸いです。

では今回はこの辺でお別れいたしましょう。
本日はご来店いただき誠にありがとうございました。
皆様のまたのご来店を心よりお待ちいたしております!




Tag:ラジオ会館 秋葉原 シュタインズゲート

皆さんこんばんわ、本日は繰り返しのご来店、まことにありがとうございます。

さて、長かった散歩もいよいよこれでラスト。
長らくお付き合いいただいた方も、新たにご来店いただいた方も、
短い一時ですがお付き合いくださいませ!

では、最終夜特別編「ワタシ・・・きれいな夜景をはしごしたいのっ!」
レッツゴウ!


さて、我ながら突然な思いつきですが、行くとなったらモタモタしてられません。
実は事前に恵比寿ともう一つ候補を挙げていたところがありました。
他に探している時間もないし、比較的近めで、また時間的にも間に合いそうだと言う事で、
そちらに向かって走り出します!

と、言ってもさすがにもう歩いたり走ったりは出来ないので、
ここからの移動には電車を使います、そして電車で揺られること約20分。
そして・・・

sst1
やってきたのはJR浜松町駅隣「世界貿易センタービル」内展望台、
「SEASIDE TOP シーサイドトップ」です!

ここはおそらく世界でもっとも東京タワーが大きく見える展望台なのです!
入り口の雰囲気からすでに期待感がうなぎ上りです!

早速チケットを買って中に入りましょう。
ちなみにココはきちんとした展望施設のため、有料となっております。
費用は大人で700円程となっております。


とにもかくにも早速エレベーターに乗り込み、地上40階を目指します。
seasidetop2.jpg
ところでこのエレベーター展望台用のエレベーターのはずなのに、
なぜか全フロアのボタンがある辺り、ちょっと変わってますよね?


なんて言ってる間に到着です!
さぁ、どうでしょうか・・・!





























seasidetop4.jpg
おおおおおおおおおおおっ!
これ!これですよ!これ!
ちなみにこれは東京駅方面を望んでおります!




と、取りあえず他の眺めも見てみましょう!
(ここは360度全方向を眺めることが出来るのです)














seasidetop5.jpg
走って行く新幹線(右下あたりに見える白い線)が見えます。
そのまま少し上に見える首都高速を走って行く車のランプが綺麗です。

このアングルは線路が一望できるため、高性能なカメラと望遠レンズを所有している、
鉄分の多め・・・というか多い方も、きっと面白い撮影が出来るのではないでしょうか・・・?

















seasidetop6.jpg
画面中央あたりに勝鬨橋が見えます。
川の暗さにイルミネーションが映えて、一際綺麗ですね!
先日来訪した聖路加タワーも見えています。













sst7
ぐるぐる回っていると、なんとチャペルがありました。
こんなところで結婚式や2次会をやったら、それこそ一生の記念になるでしょうね・・・
近々考えている方は、検討してみてはいかがですか?








いかがでしょうか?
いや、実にすばらしいですね!無理して来てみて正解でした!
しかし残念なのは写真がどれも大失敗していることですか・・・
これはいずれまた、必ずリベンジを・・・・


・・・・え?なんですか? 肝心なものが登場してないぞ?ですって?

もちろん分かってますとも!美味しいものは最後までとっておきたくて、つい!
と言うわけで、正真正銘、この日の最後の1枚です!













seasidetop8.jpg
いや・・・本物はもっと綺麗なんですよ?

実はココに到着した時点で、すでにカメラのバッテリーが切れ掛かっていて・・・というよりほとんど切れていて、
だましだまし撮っていたため、まともにカメラの調整が出来なかったのです。
本当に残念でなりません。



ですが、バッテリーが切れた後は、カメラに振り回されることなく、じっくりと夜景を堪能することが出来ました。
カメラがあるとついつい撮影に勤しみたくなってしまいますが、
カメラだけではなく、自分のその目と心にしっかりと焼き付ける、
こんな基本的な事をワタシ達は忘れてしまっているのかもしれませんね。

皆さんもたまにはカメラを使わずに景色などを眺めてみてください。
その方が、より強く思い出に残ることもあると思いますよ?


そして、閉館時間となる直前、最後にもう一度東京タワーを眺めてみると・・・










seasidetop9.jpg
なんとイルミネーションが変わってやがります!
とっさに携帯で撮りましたが、やはり限界が(汗)
でもまぁこれもいい思い出です!





・・・いかがでしたか?綺麗な夜景を満喫していただけましたでしょうか?

え?写真がしょぼすぎて何も伝わんねーよ!ですって?

・・・・・・ですよねー!
と言うわけで、実は後日にリベンジしてきましたので、そちらもあわせてお送りいたします!









まずはこちら!
sstre1.jpg
富士山と夕日です。
こんな景色も見えてしまいます。

そして
sstre2.jpg
日没後の富士山です。
富士山の存在感と言うのはやはりすごいですよね、
決して大きく見えるわけではないのに、ちらっと見えるだけで、
強烈にそこにあることを感じる、さすがは日本一の霊峰です!










そして東京タワーです!
sstre3.jpg
東京タワーも富士山に負けないくらいオーラが出ていると思います。
ちなみに画面左のほうに少し見えている山が富士山になります。


sstre4.jpg
ちなみに写真の東京タワーの左奥に見えるのは六本木ヒルズですね、
ワタシも今気が付きました(汗)

なお、これは望遠で寄せて撮っていますが、肉眼でもこれくらいの迫力で見えます!
ここは本当にすばらしいと思いますので、
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!おすすめです!


お気づきかと思いますが、
このリベンジは去年の年末も年末、12月29日に撮影に行ってきたものです。
なので東京タワーに「2010」の文字が浮かんでいます。

この日は展望台も最終日で18:00で閉館となったため、
残念ながら夜景は撮れず夕景となってしまいました。
ですが、いかがでしたか?雰囲気だけでも感じていただけたでしょうか?

夜景はまたリベンジしたいところですが、原発の問題もあって当分先になってしまいそうです。

今回の散歩は2010年3月に行ったものです。
なので恵比寿から見る景色も、この展望台から見る景色も
今はずいぶん様相が変わっているかもしれません。
仮に全てが収束しても、このような景色はもう見れないかもしれません。
そう考えると少し寂しいですね。
エコな考え方ではないかも知れませんが、
ワタシはまた、こんな景色が、夜景が見てみたいと思います。
そんな日がはやく戻ってくることを祈って、
今回の散歩の締めくくりとさせていただきます。


1年半にもわたる長い間、お付き合いいただき本当にありがとうございました。
また別の散歩の際にも是非お付き合いいただきたいと思います!

それではこれにて本日は閉店とさせていただきます。

本日はご来店まことにありがとうございました。
皆様のまたのご来店を心よりお待ち申しております。

Tag:東京タワー 夜景 シーサイドトップ SEASIDETOP

皆様いらっしゃいませ、こんばんわ。
本日二度目のご来店、ありがとうございます。

さて、ふと気がつけば1年半にも及ぶ長い長い散歩となりました、
そろそろ本気でゴールを目指しましょう!

と言うわけで第三夜、行ってみましょう!


さて、早速出発!と行きたいとこですが、その前に落ち着いて地図であたりの状況を把握しておきましょう。
map2

どうやら近くを通っている川沿いを行けばよさそうです。
まずはそこを目指しましょう!

meguroji
再び住宅街っぽいところを、川沿いと思われる方向に向かって歩きます。


今度はすんなりとたどり着きました。
river1
どうやら目黒川というようです。

river2
川沿いに歩き始めてまもなく気がつくのですが、この川は両岸に桜の木がびっしりと植わっています。

river3
どうやら都内でも有数の桜の名所のようです。このときは桜の開花前だったのですが、
すでに花見の会場設営のようなことが行われていました。

それにしてもこんなところで花見をしたら楽しいでしょうねぇ・・・
いつかワタシもココで花見としゃれ込みたいとこです!
・・・ただワタシの場合、酔っ払って川に落ちてしまいそうでちょっと心配ですが(汗)




さて、そんなこんなで川沿いを歩いていると、少し大きめな公園に遭遇しました。
せっかくなので公園の中を通ってみたところ、気になるものがありました。
kaki
いわゆる柿の木なのですが・・・


長崎で被爆した柿の木の2世なのだそうです。
kaki2
詳しくは写真の説明文を読んでください。

ワタシに多くは語れませんし、無責任な事も言えません。
でもこうやって長い年月の末とはいえ、また実をつけることができるようになった植物もあるのですから、
いつかは全て収束して、元に戻ると信じたいです。そしてその日ができる限り早く来るように願いたいと思います。


さて、もう一つ気になるものを見かけました。

river4
・・・ていうか、これじゃ危なくてプールが使えない気がするんですが、目黒区的にはOKなのでしょうか・・・?
・・・うーむ・・・実に東京は奥が深いです!


さて、再び川沿いに戻り歩き続けると、今度は変わったモニュメントを発見しました。
bride

この目黒川には多くの橋が架かっているのですが、その橋のプレートが一まとめになっています。
どうやら橋の架け替の際、古いほうの橋についていたプレートをこのように保存しているようです。
なかなか粋なアイデアですね!さすが江戸っ子です!


さて、延々と歩いた川沿いもそろそろ終点が近づいてきました。
最後にお別れするべく川に近づくと、そこに一羽の鳩がいました。




















river4
さすが東京、鳩にも江戸っ子気質があふれているようです!?





さて、そんな男前な鳩に後ろ髪を引かれながらも更に歩き続けると、
本日何度目かの大きな道路に行き当たりました。
daikanyama
「お代官様!お許しを~!」
「よいではないか、よいではないか~!」
「あ~れ~~~~~~~~~!」

・・・・・なんて感じのやりとりが、昔あったかどうかは知らないけれど、
いつの頃から、いつの時から、誰が呼んだか「代官山」に到着です!


代官山と言えば、ワタシはどういう訳か、ココに大門軍団がいるのだと思い込んでいる時期がありました(汗)
img_612457_20062292_1.jpg



さて、そんな大門山を目的地に向けて歩いていると、道の反対側からなにやら声が聞こえてきました。
「朝は4本足、昼は2本足、夜には3本足になる動物は何か・・・?」
なにやら聞いた事のある問答に思わず目を向けると、そこには・・・!

ezypt2

おおうっ!王家の番人スフィンクス!
いったい何故こんな場所に・・・・!?

ezypt1
それもそのはず、ここはエジプトの大使館なのでした。
こちらは先ほどのタイの大使館と比べると、石造り?ぽい外観で、
いかにもエジプトらしい雰囲気をもったたたずまいですね!


余談ですが、wikiで調べた所によると、エジプト神話のスフィンクスはファラオ(王)の頭にライオンの体を持つ、
王や神を守護するシンボルだそうで、非常に神聖な存在なのだとか。
なるほど大使館の入り口にいるのも納得です。
一方先ほどの「朝は4本足でー・・・」という謎かけですが、これはギリシア神話に出てくるスフィンクスであって、
いわゆるエジプトのスフィンクスとは別物のようです。
本来は混ぜるべきではないんでしょうが、演出的についやってしまいました、
もし専門の方がいらっしゃったら謝罪いたします、申し訳ありません。



さて、そんな風にエジプトに思いを馳せている内に、すっかり夕方になってしまいました。
yuugure
そろそろ寄り道はやめて目的地に向かう必要がありそうです。



と、やや早足で歩みを進めたのですが・・・・
sibuya
微妙に道を間違えたらしく、目的地の隣の駅「渋谷」に着いてしまいました!
やっぱり人間焦ってもロクことはありませんね(汗)
「急いでもいいけれど焦るな!」とは、昔先輩によく言われたことですが、
まったくもって的を得た言葉だなぁと、改めて実感です!



でも、もうゴールは近い!後一息!
とガシガシ歩いて・・・ついに・・・
ebisu
恵比寿駅に到着です!
えびす様もにっこり微笑んで迎えてくれています!

さぁ、ココまで来ればゴールも同然、更にもうちょっと進んで・・・












ebisu2
ついにゴーーーーーーーーーーーーーーーール!
恵比寿ガーデンプレイスに到着いたしました!

いや、実に長かった・・・!
・・・ただひたすらに歩き続けて、くたくたになった体をやさしく癒してくれる、
そんなすばらしい夜景に出会えるまでもうすぐです!
さぁ!いざガーデンプレイスタワーへ突撃・・・

っと、なんだか妙に人だかりが出来ています。
いったい何事でしょうか・・・?興味に駆られて、ちょっとのぞいてみると・・・



alice
どうやら、この当時日本公開直前だった映画「アリス・イン・ワンダーランド」の公開記念イベントだったらしく、
その監督と主演女優が来場していたようです。


ちょっと気になりましたが、これを見ていると夜景を見逃してしまいそうなので、
とっととタワーを上ることにします。
ebisu3
さて、この恵比寿ガーデンタワーですが、厳密に言うと展望施設では有りません。
ゆえに入場料がかからないと言う、とてもリーズナブルな物件です。


と言ってる間にエレベーターが止まりました、さて、どんなとこでしょうか・・・?





ebisu4
まだ暗くなりきっていないのでピンと来ませんが、
さすがに中々の見晴らしです。




そしてそれが暗くなると・・・






恵比寿夜景2
こんな感じになりました!
これは恵比寿から渋谷-新宿方お面を望んだ景色です。
画面中央あたりの、やや暗い背の高い建物が密集して見えるところが新宿、
その少し左下のひときわ明るいところが渋谷となります。
しかし渋谷の明るさは半端ありませんねっ!





そしてこちらは、同じ向きで、もう少し下を見てみました。
恵比寿夜景3
画面右下辺りにあるのが先ほど通りましたJR恵比寿駅です。
恵比寿駅から渋谷まで線路が通っているのが見えるでしょうか・・・?
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・ボソッ もの足りない

だめです、もの足りません!
あれだけの時間と距離を延々と歩いてきたのに、これでは癒されません!

ここも確かに綺麗なのですが、いかんせん展望台として作られているわけではないので、
景色が見える場所、アングルが限定される上に、レストランフロアな為照明が明るく、
ガラスへの映りこみが厳しい・・・、更によっぽどうまくやらないと、余計なものがフレームに入ってきてしまう・・・、
そして何よりも、座ってじっくり眺める場所がない・・・!

無料なんだから文句言うな、と言われればまったくその通りな訳ですが、
期待しすぎてしまっていた分、肩透かし感が大きく、つい愚痴ってしまうのは許してほしいところです。

まぁでも恋人がいる方ならば、ぜひ利用してみてもよいかと思います!
綺麗な夜景と素敵な恋人、美味しい料理(食べてないから想像ですが美味しいだろうと思います)・・・
きっと思い出に残る時間がすごせるんじゃないでしょうか?
ただ、突き抜けておしゃれな空間と言うわけではないので、あまりロマンチックなものを想像すると、
これまた肩透かしになるかもしれませんのでご注意ください!

え?お前はどうなのか?ですって?
そんな相手が居たら、こんな1日かけて16kmも放浪しないと思います(笑)



えー、と言うわけで・・・

作戦変更!使途殲滅 不満解消を最優先!

次回、疾風怒濤の緊急企画!
「ワタシ・・・綺麗な夜景をはしごしたいのっ!」

にご期待ください!

一応本日中にアップ・・・する予定です。


本日はご来店いただきありがとうございました。
またのご来店を心よりお待ちいたしております。

Tag:代官山 恵比寿 夜景

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。